不妊の原因知って対策|男女の不妊治療で子どもを授かる

サプリメント

男性不妊と思ったら

検査で分かること

カウンセリング

結婚し、健全な夫婦生活を送っているにもかかわらず、妊娠しない状態が一年以上続いていることを不妊と言います。 子供を望む夫婦にとっては大変つらい宣告ともいえるでしょう。しかし、悲観することはありません。医療の進歩は素晴らしく、昔ではかなわなかった事も希望が持てるようになって来ているのです。 では、不妊を疑った時にはどうすれば良いのでしょう。まず、二人で産婦人科を訪れることです。男性が産婦人科を訪れることに抵抗がある人も多いと思いますが、不妊の原因は女性だけではないのです。男性不妊により妊娠できない場合も同じくらいの確率で起こっているのです。 産婦人科ではまず、女性の不妊原因を調べます。正常に排卵が起きているかどうかの検査をしていきます。そして男性不妊の検査を行います。まず、精液を採取し、精子の数や運動率を調べます。その状況が悪いと男性不妊となります。 もし、産婦人科に行くことを躊躇されるのであれば、泌尿器科の診察でも構いません。原因を突き止めることが不妊治療の第一歩なのですから。

男性不妊と言われたら

検査結果が悪かった場合、誰でもショックを受けるものです。特に男性の場合、「まさか自分が」と思う人も多い様です。不妊となる原因がはっきりしないのが男性不妊の特徴です。精子を作ることが出来ない無精子症などでは高度な治療が必要ですが、精子の数が少ないとか、精子の運動率が悪いと言った事が原因である場合は、まず次の事を行ってください。精子の運動率は血流を良くすることで改善するようです。喫煙習慣のある人は辞めるのが良いでしょう。また、入浴時に睾丸に冷水を充てることも血流を良くすることに役立ちます。 また、婦人科や泌尿器科でも血流を改善してくれる漢方薬やお薬を処方してもらえますので利用してみるのも良いでしょう。 いづれにしても継続する事が大切です。夫婦で理解し合うことが必要です。